freeeに連携可能なPOSレジ一覧|価格・特徴を紹介

    freeeに連携可能なPOSレジ一覧

    店舗運営において、会計業務は欠かせません。しかし、入力作業は煩雑で手間がかかります。POSレジの中には会計ソフトfreeeと連携できるものがあり、会計業務を効率化することが可能です。

    今回の記事では、会計ソフトfreeeと連携できるPOSレジ一覧や各製品の価格・特徴・おすすめポイントを紹介していきますので、導入する際の参考にしてみてください。

    \希望条件に合うPOSレジを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/
    POSレジ選びのお悩みならBESPRA(べスプラ)にご相談ください。
    POSレジに精通したプロのコンシェルジュが、希望条件をお伺いし最適な製品を無料でご案内します。手間ナシでぴったりなPOSレジが見つかります。製品の非公開情報や相場観などもお気軽にご質問いただけます!
    Webフォームでのご相談はこちら
    コンシェルジュに相談(無料)
    お電話でのご相談はこちら
    03-3673-5610受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
    目次

    【はじめに】freeeとPOSレジを連携させて実現できること・連携メリット

     POS レジと会計ソフト『freee』を連携させれば、各種仕訳や帳簿記入などを効率的に行うことが可能です。freeeには 売上管理や請求書管理などの機能が備わっており、会計に関するデータを見える化できます。入出金をグラフで管理できたり、複数店舗の売上を把握・管理したりすることも可能です。

    また、POSレジと連携することで売上データが自動的に連動されるので、入力や転記作業で起こるヒューマンエラーを軽減できます。

    会計業務を効率化できると、これまで経理に割いていた時間を売上分析などに使うことができるので、店舗の売上アップにつなげることも可能です。

    freeeに連携可能なPOSレジ一覧

    ここからは、freeeに連携可能なPOSレジについて、詳しく紹介していきます。

    freeeに連携可能なPOSレジ比較一覧表

    以下はfreeeに連携可能なPOSレジの比較一覧表です。各製品の詳しい特徴は表のあとから解説しています。

    スクロールできます
    初期費用例月額対象業種おすすめポイント主な機能
    スマレジ78,100円〜0円~汎用機能性・操作性が高いPOSレジ/売上分析/在庫管理/顧客情報管理など
    POS+約400,000円~6,000円~汎用セルフレジとして運用可能POSレジ/売上分析・管理/顧客管理/複数店舗管理など
    Airレジ約80,000円~0円汎用低価格で導入できるPOSレジ/顧客管理/商品管理/基本情報管理
    Uレジ139,800円~9,980円汎用タブレットPOSレジ売上シェアNo.1POSレジ/顧客管理/在庫管理/自動釣銭機連動など
    STORESレジ10万円~0円~小売店などECサイトと連携できるPOSレジ/在庫共有機能/在庫管理/など
    CASHIER POS79,800円~0円~小売店/飲食店などレンタルでも導入可能POSレジ/キャッシュレス決済/併用決済/単品値引・ 割引/Web管理機能など
    ユビレジ95,710円~0円~小売店/飲食店などレンタルプランの場合は初期費用無料POSレジ/ QRオーダー&決済/ユビレジセルフオーダー/在庫管理/顧客管理
    Square4980円~0円~小売店/飲食店など最短即日導入が可能POSレジ/売上管理/顧客管理/勤怠管理/複数店舗管理 
    Loyverse POS約10万円程度~0円~小売店/飲食店など世界170カ国以上で使用されているPOSレジ/Loyverse Dashboard/Loyverse KDS/Loyverse CDSなど
    BCPOS約220,000円~5,000円~小売店/飲食店などTenpoVisor追加で利便性向上POSレジ/自動釣銭機連動/売上管理など
    リアレジ213,000円~従量課金:1明細1円~、月額3,800円~小売店/飲食店など1明細・1円の従量課金プランありPOSレジ/セミセルフモード/仕入機能/在庫管理など
    SPIRE POS0円~4,950円~小売店/リサイクルショップなどリユースビジネスに特化した機能があるPOSレジ/在庫管理/会員管理/商品買取など
    ブレインレジスター400,000円前後0円~飲食店飲食店に特化したPOSレジPOSレジ/売上管理/商品管理など

    それでは、ここからは各製品の詳しい特徴を紹介していきます。

    スマレジ

    スマレジの写真
    出展:スマレジ
    初期費用例78,100円
    (iPad・レシートプリンター・キャッシュドロアを導入する場合)
    月額料金スタンダード:0円※1店舗のみ
    プレミアム:5,500円/月※1店舗につき
    プレミアム プラス:8,800円/月※1店舗につき
    フードビジネス:12,100円/月※1店舗につき
    リテールビジネス:15,400円/月※1店舗につき
    機能の充実度
    サポートメールサポート(平日9:00~22:00のみ)
    365日対応コールセンター(受付時間:9:00~22:00)※365日対応コールセンターはプレミアムプラス以上のプランのみ

    ■スマレジの特徴

    スマレジは基本的なレジ機能の他、店舗を経営する上で役立つ機能が充実しています。また、高機能かつ低価格で、非常に人気のあるPOSレジです。 導入実績は126,000店舗以上あり、信頼できる実績があるので安心して導入できるでしょう。

    スマレジで記録された売上データは自動でfreeeに登録されるので、会計ソフトへの手入力は不要です。その他にも、マネーフォワードや弥生シリーズなどの会計ソフトと連携できます。

    また、スマレジでは2023年の3月より売掛金をfreeeに連携可能になりました。現時点で他社製品にはない、スマレジだけの機能です。

    スマレジの取引データに基づき、freeeで以下のような運用が可能になります。

    • 売掛金の請求書発行
    • 入出金管理
    • 仕訳伝票の起票

    加えて、上記はスマレジの無料プランでも利用できる機能となっています。

    POS+

    POS+のキャプチャ
    出展:https://www.postas.co.jp/
    初期費用例450,000円(タブレット・レシートプリンター・キャッシュドロア・バーコードリーダー・アクセスポイントを導入する場合)
    月額料金小売店:月額12,000円~
    飲食店:月額12,000円~
    飲食店(小規模店舗)月額6,000円~
    美容・サロン:月額12,000円~
    機能の充実度
    サポート導入店舗専用コールセンター(10:00~22:00)
    初期設定・設置サポート
    全国無料駆けつけサポート※一部地域を除く

    ■POS+の特徴

    POS+は、小売店・飲食店・サロンに適した機能を備えたPOSレジを提供しており、非常に高機能なPOSレジです。月間1,000店舗以上もの店舗に導入されている実績もあります。

    初期設定や設置は専門スタッフが行ってくれるので、初めてPOSレジを導入する店舗でもスムーズに導入可能です。

    freeeとの連携で、売上情報・入出金情報・現金差異が自動で出力されます。 また、自動釣銭機との連携もできるので、金銭授受のミスをなくすことも可能です。

    Airレジ

    Airレジ
    出展:https://airregi.jp/
    初期費用例83,620円
    (iPad・レシートプリンター・キャッシュドロアを導入する場合)
    月額料金0円
    機能の充実度
    サポートメール、チャット

    ■Airレジの特徴

    Airレジはレジ機能だけではなく、売上分析なども無料で使用できます。シンプルな操作で、非常にコスパが高いPOSレジです。最低限、iPadとレシートプリンターを用意して、インターネット環境さえあれば使えるので、低コストで導入したい店舗に適しています。

    Airペイを同時に導入することで、コンパクトな専用カードリーダー1台でキャッシュレス決済に対応可能です。また、freeeと連携すれば日々の売上データを自動集計でき、帳簿入力の手間を大幅に削減できます。

    Uレジ

    Uレジ
    出展:https://pos.usen.com/uregi/
    初期費用例139,800円(Androidタブレット・プリント内蔵型のキャッシュドロア・レジロール紙・アクセスポイントを導入する場合)
    180,000円~(iPad Wi-Fi 32GB・キャッシュドロワ・レシートプリンタ・アクセスポイントを導入する場合)
    月額料金9,980円
    機能の充実度
    サポート24時間365日受付のカスタマーセンター設置サポート操作トレーニング

    ■Uレジの特徴

    Uレジは飲食店向けの「UレジFOOD」や、小売店専用の「UレジSTORE」など、業種に特化した機能を備えたPOSレジを提供しています。サポート体制は充実しており、お客様サポート体制No.1タブレットPOSレジに選ばれているので、サポート体制を重視する方におすすめです。

    会計ソフトは、freeeとマネーフォワードの連携に対応しています。また、自動釣銭機との連携も可能です。店舗のオペレーションを効率化するさまざまなサービスを提供しているので、導入を検討してみるといいでしょう。

    STORESレジ

    STORESレジ
    出展:STORES
    初期費用例約10万円程度~
    月額料金フリープラン:無料スタンダード:2,178円
    機能の充実度
    サポート電話サポート(平日 10:00~18:00)

    ■STORESレジの特徴

    STORESレジは月額0円から使用でき、すでにiPadを持っている場合、初期費用がかかりません。ECサイトとの連携ができ、販売データを一元化することができます。また、実店舗とECサイトの在庫を共有することも可能です。

    freeeと連携させることで、売上データがfreeeへ自動で同期され、ECサイトと実店舗運営の経理業務の負担を大幅に軽減できます。そのため、ECサイトの運営も行いたいと考えている店舗におすすめです。

    CASHIER POS

    cashierposの写真
    出展:https://cashier-pos.com/
    初期費用例79,800円
    (タブレット・レシートプリンター・キャッシュドロアを導入する場合)
    月額料金スタータープラン:月額0円
    プロフェッショナルプラン:月額4,400円
    モバイルオーダープラン:初期費用・ハードウェア費用0円、月額3,000円
    本体を初期費用0円でレンタルする場合:月額8,400円
    機能の充実度
    サポート設定サポート電話サポート(平日10:00~21:00)

    ■CASHIER POSの特徴

    CASHIER POSは、1店舗から複数店舗の大規模まで対応できるAndroid型クラウドPOSレジです。 レンタルでの利用が可能で、その場合は初期費用0円で導入できます。ハードウェア故障時は、無料で交換対応してもらうことが可能です。

    また、飲食店の機能が充実しており、ハンディオーダー・テーブルオーダー・テイクアウト・注文管理などの機能を使用することが可能です。カスタマイズにも対応しているため、店舗ごとにオリジナルの POS レジシステムを構築することもできます。

    ユビレジ

    ユビレジ
    出展:https://ubiregi.jp/
    初期費用例60,170円(レシートプリンター・キャッシュドロアを導入する場合 別途iPadが必要※)
    月額料金1ヶ月お試しプラン:月額0円プレミアムプラン:月額6,900円~ユビレジハンディ(飲食店向け):月額1,500円~ユビレジ在庫管理:月額4,500円~リースプラン:要問合せレンタルプラン:初期費用0円・電話サポート月2,000円 ※導入後2ヶ月間は無料
    機能の充実度
    サポート無料メールサポート(平日10:00~17:00)標準電話サポート:月額利用料:無料 受付時間:(年末年始く)平日 10:00〜18:00電話サポートプレミアム・月額利用料:2,000円 受付時間:年中無休 10:00〜22:00

    ■ユビレジの特徴

    ユビレジは顧客満足度が非常に高いPOSレジであり、継続利用率は99%という高い数字を誇っています。飲食店や小売店などに適した機能を備えており、さまざまな業種で利用可能です。導入前後のサポートも充実しているので、安心して導入できるでしょう。

    また、レンタルプランを提供しており、その場合は初期費用0円で導入可能です。 会計ソフトはfreeeの他、マネーフォワード・弥生会計・FXシリーズに対応しています。

    Square

    squareのキャプチャ
    出展:Square
    初期費用例4,980円(Squareリーダーのみ導入する場合)
    現金決済ありの場合:92,760円~
    月額料金フリー月額0円
    プラス月額6,000円
    レストランPOSレジ13,000円
    プレミアム(要問合せ)
    機能の充実度
    サポート電話サポート(受付時間10:00~18:00)※年末年始・臨時休業日を除く

    ■Squareの特徴

    SquareはPOSレジ機能を無料で使用でき、発生するランニングコストはキャッシュレス決済手数料のみです。キャッシュレス決済端末を安価で導入できるのも特徴で、コンパクトなSquareリーダーは、4,980円で購入できます。申し込みから最短即日で導入でき、キャッシュレス決済の売上も最短翌日に入金してもらうことが可能です。

    飲食店向けのキッチンディスプレイシステムでは、店内飲食・テイクアウト・オンライン注文など、あらゆる種類の注文を、キッチンディスプレイシステムの画面で一元管理できます。

    \まずは無料アカウント登録/

    Loyverse POS

    Loyverse POS
    出展:https://loyverse.com/jp
    初期費用例約10万円程度~
    月額料金Loyverse POSレジ:無料
    Loyverse Dashboard(ダッシュボード):無料
    Loyverse KDS(キッチンディスプレイシステム):無料Loyverse CDS(カスタマーディスプレイ):無料
    従業員管理:月額4,000円
    高度な在庫管理:月額4,000円
    システム連携:月額900円
    Loyverse の初期セットアップ、及び各種周辺機:40,000円トレーニング:40,000円
    商品マスターの登録、移行:10,000円(100商品)
    機能の充実度
    サポートチャットサポートヘルプセンター

    ■Loyverse POSの特徴

    Loyverse POS は、スマートフォン・タブレットで手軽に使用できるモバイルPOSレジアプリです。世界170カ国以上で使用されているPOSレジで、レジ機能は無料で使用できます。

    無料機能のLoyverseダッシュボードでは、場所を問わずスマートフォンから直接店舗の売上を分析でき、在庫の管理も可能です。

    また、会計ソフトやECサイトとの連携が可能で、Loyverse APIを利用してカスタマイズされたアプリケーションを作成することもできます。

    BCPOS

    BCPOS
    出展:https://www.busicom.co.jp/product/bcpos/
    初期費用例POSセット(黒)ハード一式・224,000円~
    月額料金BCPOSベーシックプラン(基本システム):月額5,000円BCPOSスタンダードプラン(基本システム+オプション×1):月額10,000円
    BCPOSダブルプラン(基本システム+オプション×2):月額13,500円
    BCPOSトリプルプラン(基本システム+オプション×3):月額16,000円
    BCPOS追加オプション(3つ以上のオプションを追加する場合1オプションにつき):+月額4,000円
    機能の充実度
    サポート電話サポート:平日10時~18時
    有料電話サポート:365日10時~22時(月額3,800円・年額33,600円)
    ソフトウェア保守 :15,000円/1台・2台目以降+5,000円)出張パソコン設置・入れ替えサービス:40,000円~/1台(2台目以降+10,000円)
    ビジコム出張トラブル対応:25,000円~/1台
    BCPOSデータ救出サービス:成功時40,000円/1台
    データコンバート:30,000円~/1台
    データ修正や加工:10,000円~/1台
    データ集計のためのCSV出力等:10,000円/1台
    パソコンリカバリサービス:15,000円~/1台
    ハードウェア保守:月額3,000円~(365日9時~20時55分)

    ■BCPOSの特徴

    BCPOSは複数のハードウェアセットを提供しており、周辺機器の選択肢も豊富です。キャッシュレス決済は40種類以上と連携でき、複数の決済端末から選択できます。

    クラウド店舗本部管理システム「TenpoVisor」では、売上情報・在庫情報をまとめて管理でき、店舗のデータを有効に共有・活用可能です。

    freeeとTenpoVisorをAPI連携することで、POSレジの売上情報などをfreeeに取り込めます。また、自動でデータの取り込みを行い、複数店舗のPOS情報にも対応可能です。

    リアレジ

    リアレジ
    出展:https://www.busicom.co.jp/product/rearegi/
    初期費用例234,300円(タブレットPC・レシートプリンター・キャッシュドロアを導入する場合)
    月額料金従量課金プラン:1明細1円定額プラン:月額3,800円
    機能の充実度
    サポート24時間年中無休メール対応

    ■リアレジの特徴

    リアレジはマルチOSのため、Windows・IOS・Androidに対応可能です。そのため、既に持っているタブレットやパソコンをPOSレジとして利用できます。また、料金プランは定額と従量課金から選択でき、従量課金の場合は1明細1円で使用可能です。 従量課金は、イベントで使用したり休みが多かったりする店舗に適しています。

    自動釣銭機やタッチパネル式券売機も提供しているので、店舗の状況に応じて今日もを効率化することが可能です。

    SPIRE POS

    SPIRE POS
    出展:https://spirepos.com/
    初期費用例約10万円程度~
    月額料金スモールプラン:月額4,950円
    リテールプラン:月額9,900円
    リサイクルプラン:月額13,200円
    遠隔導入サポート:33,000円~
    現地導入サポート:66,000円~
    商品登録代行:55,000円~
    商品登録上限追加:+1,000件ごとに月額110円
    休日電話サポート:月額4,400円
    機能の充実度
    サポートヘルプセンター遠隔導入サポート:33,000円 (税込)~ / 1店舗
    現地導入サポート:66,000円 (税込)~ / 1店舗(旅費交通費別)
    商品登録代行:55,000円 (税込)~
    データ登録上限追加:+1,000件ごとに110円 (税込) / 月 (1社)
    休日電話サポート: 4,400円 (税込) / 月 (1店舗)

    ■SPIRE POSの特徴

    SPIRE POSは、小売店・リサイクルショップに適した機能を備えている、次世代型クラウド POS システムです。 セルフレジ機能や在庫管理・集計・分析機能を備えており、リユース・リサイクル向けの買取業務全般をサポートする機能も使用できます。

    その他、リアルタイムチャット機能やプッシュ通知機能など、店舗同士のコミュニケーションを円滑化する機能が豊富です。

    ブレインレジスター

    ブレインレジスター
    出展:https://www.blayn.com/
    初期費用例87,560円(タブレット型POSレジ・キャッシュドロアを導入する場合)※ ヨドバシカメラ ブレインPOSレジ専門ストアでの価格
    月額料金無料プラン:月額0円
    スタンダードプラン:3,080円
    プレミアムプラン:10,780円
    機能の充実度
    サポートメール電話商品登録・設置サポート操作方法レクチャー

    ■ブレインレジスターの特徴

    ブレインレジスターは、注文から決済までをPOSレジ1台で完結させられるPOSレジです。モバイル型POSレジ・タブレット型POSレジ・セルフレジを提供しており、プリンター内蔵型なので、別途レシートプリンターを購入する必要はありません。

    POSレジは最短2日で導入でき、商品の登録や設置サポートがあるため、スムーズに導入できます。また、気軽にPOSレジ機能を使用できる無料プランもあるので、コストを抑えて導入することが可能です。

    おすすめPOSレジについて下記の記事で詳しく解説しています。合わせてチェックしてみましょう。

    freee連携以外のPOSレジ比較・選定ポイント

    ここでは、freee連携以外のPOSレジ比較・選定ポイントを解説していきます。以下の4点に絞って解説しますので、導入を検討する際の参考にしてください。

    freee連携以外のPOSレジ比較・選定ポイント
    1. 料金やコスパはどうか?
    2. 必要な機能は過不足なく揃っているか
    3. サポート体制はどうか
    4. 使いやすさはどうか

    ①料金やコスパはどうか?

    PPOSレジの価格相場は以下の通りとなっており、予算を決めた上で、予算内で導入できるPOSレジを選ぶようにしましょう。

    【ターミナルPOSレジタイプ】

    • 導入費用:50~100万円
    • 月額料金0~2万円程度

    【パソコンタイプ】

    • 導入費用:0~50万円
    • 月額料金:5千~3万円程度

    【タブレットタイプ】

    • 導入費用:0~30万円
    • 月額料金:0~3万円程度
    低価格帯スマレジ無料プラン、Airレジ、STORESレジ、Square
    中価格帯スマレジ、CASHIER POS、ユビレジ、Loyverse POS、BCPOS
    高価格帯POS+、Uレジ、SPIRE POS、ブレインレジスタ

    POSレジの価格相場や各製品の詳しい価格については下記の記事をご覧ください。

    ②必要な機能は過不足なく揃っているか

    業種によって必要な機能は異なります。そのため、業務を行う上で必要な機能がしっかりと備わっているかを確認した上で導入を検討するようにしましょう。

    以下では、業種別の、備わっていると便利な機能をあげています。

    クリニック・病院

    • 電子カルテ・レセコンのデータ・バーコード連携
    • キャッシュレス決済
    • 自動釣銭機連携機能
    • 予約管理機能

    薬局

    • レセコン連携
    • NSIPS®対応
    • 軽減税率対応
    • セルフメディケーション税制品対応

    飲食店

    • ハンディ連携
    • モバイルオーダー
    • ランチ・ディナー区分け機能
    • 個別会計機能
    • 飲み放題時間管理機能

    美容室・サロン

    • 顧客管理機能
    • 電子カルテ機能
    • 予約管理機能
    • DM・メルマガ配信など集客機能

    小売店

    • セット・バンドル・セール販売
    • 売上分析機能
    • 在庫管理機能
    • ECサイト連携機能

    ③サポート体制はどうか

    POSレジを使用する上で、トラブルは避けられません。そのため、POSレジを提供しているメーカーが、どのようなサポートをしてくれるかしっかりと確認しておきましょう。

    メールやチャットのみに対応しているメーカーや、24時間365日電話対応してくれるメーカーなどがあり、その他、POS+では全国無制限かけつけサポートを行なっています。

    以下は、 導入前後のサポートが充実しているPOSレジメーカーです。

    ■サポートが手厚いPOSレジ

    スクロールできます
    導入前のサポート内容導入後のサポート内容
    スマレジスマレジ設置サポート:44,000円(オンラインの場合は50%OFF)
    自動釣銭機連携セットアップ:22,000円
    CAT/CCT端末連携セットアップ:22,000円(オンラインの場合は50%OFF)
    スマレジ・テーブルオーダー端末連携セットアップ:22,000円
    商品データの移行・登録: 11,000円/100件、301件目から5,500円/1,000件(スタンダード・プレミアム・プレミアムプラス・リテールビジネス)※フードビジネスのみ222,000円/100件
    メールサポート(平日9:00~22:00のみ)
    365日対応コールセンター(受付時間:9:00~22:00)※365日対応コールセンターはプレミアムプラス以上のプランのみ
    Uレジ基本情報・メニュー初期登録メニュー初期登録操作トレーニング
    24時間365日受付のカスタマーセンター
    POS+初期設定・設置サポート導入店舗専用コールセンター(10:00~22:00)
    全国無制限駆けつけサポート

    ④使いやすさはどうか

    POSレジは、基本的に業務効率化を目的として導入するため、誰でも使いやすい操作性が大切です。高機能なPOSレジでも、使いこなせなければ教育に時間がかかってしまい、逆に業務量が増えてしまう可能性があるので注意しましょう。

    実際にデモで使用感を確認してみたり、、資料請求で詳細な内容を確認したりすることがポイントです。

    スマレジなどでは、ショールームで実際に製品を触ることもできます。

    \希望条件に合うPOSレジを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/
    POSレジ選びのお悩みならBESPRA(べスプラ)にご相談ください。
    POSレジに精通したプロのコンシェルジュが、希望条件をお伺いし最適な製品を無料でご案内します。手間ナシでぴったりなPOSレジが見つかります。製品の非公開情報や相場観などもお気軽にご質問いただけます!
    Webフォームでのご相談はこちら
    コンシェルジュに相談(無料)
    お電話でのご相談はこちら
    03-3673-5610受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)

    その他、おさえておきたいポイントをQ&A形式で解説

    そもそもfreeeとは?

    freeeは、適切な勘定科目を自動的に振り分けるAI機能が搭載されています。そのため、取引ごとの勘定科目がわからない場合の調べる手間が省くことが可能です。また、レポートや請求書作成まですべて作成できるので、経理業務の時間を大幅に削減することができます。

    freeeとPOSレジを連携させるメリットとデメリットは?

    freeeとPOSレジを連携させるメリット・デメリットは以下の通りです。

    メリット

    • 経営状況を可視化できる
    • 日々の会計チェックの必要がなくなる
    • 複数店舗の売上などのデータをいつでもどこでも確認可能
    • 浮いた時間を有効活用できる

    デメリット

    • 最安で1980円のランニングコストが発生する
    • 使い慣れるまで時間が必要になる
    POSレジとは?どんな機能がある?

    POSレジとは、顧客に対して商品を販売した際、「何が」「いつ」「何円で」「何個売れたのか」などの販売データを、記録・集計するシステムを搭載したレジです。POSレジに備わっている主な機能は以下の通りになります。

    • レジ機能
    • 売上分析機能
    • 在庫管理機能
    • 顧客管理機能
    • 予約管理機能
    • 外部サービス連携機能
    • キャッシュレス決済機能 
    POSレジ導入のメリットは?

    POS レジ導入の主なメリットは以下の通りです。

    • 業務効率向上・人件費削減

    レジの会計処理を自動化でき、正確かつ迅速な会計が可能です。

    • 顧客満足度の向上サービスの充実度アップ

    会計がスムーズになることでレジの待ち時間が短縮されるので、顧客満足度の向上が期待できます。

    •  金額の入力ミス防止

    POS レジは基本的にバーコードスキャナを利用して商品情報を読み取るため、金額の入力ミスが起きません。

    まとめ

    POSレジとfreeeを連携させることで、各種仕訳や帳簿記入などを効率的に行えます。また、売上管理や請求書管理などの機能も備わっているため、会計に関するデータを可視化することが可能です。

    このように、 店舗運営において役立つ機能が充実しているので、POSレジとfreeeの連携は非常に効果的でしょう。

    今回の記事の内容を参考に、freeeと連携できるPOSレジの導入を検討してみてください。

    \希望条件に合うPOSレジを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/
    POSレジ選びのお悩みならBESPRA(べスプラ)にご相談ください。
    POSレジに精通したプロのコンシェルジュが、希望条件をお伺いし最適な製品を無料でご案内します。手間ナシでぴったりなPOSレジが見つかります。製品の非公開情報や相場観などもお気軽にご質問いただけます!
    Webフォームでのご相談はこちら
    コンシェルジュに相談(無料)
    お電話でのご相談はこちら
    03-3673-5610受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    事業者向けに様々なツールについて日々、徹底調査・研究を行っています。
    ツール導入や業者探しについてなんでもお気軽にご相談・ご質問ください。
    最適なサービスが見つかるようにお手伝いさせていただきます!

    目次