インプットとアウトプットのセットが課題発見力を培う

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

クロスメディア・コンサルティングも2Q目に入りました。
既に2Qも予算を達成しており、幸先の良い2019年を迎えております。

2月1日には、
「新装版 問題解決のためのデータ分析」
を出版いたします。

そして2月7日には、年間500本以上のセミナーを開催しているSSK社にて、
「ビジネスの根本課題を導き出すデータ分析の基礎知識と活用方法」
を開催いたします。

2019年も市況としては厳しい状況が続くと思います。
そのような中で、いかに企業や事業の問題解決をしていけるかが重要となります。
ぜひ上記書籍やセミナーで、2019年を乗り切る力を身に付けていただければと思います。

さて、「インプットとアウトプットのセットが課題発見力を培う」ということですが、
昨年末から、NewsPicks(ニューズピックス)を本格的に開始しました。
私のページは
コチラ
です。

とてもオススメです。
まずはインプットできる情報の質が他のニュース系サイトと比較するとかなり高いからです。
なぜなら、一つのニュースに対して、様々な人がそれぞれの視点で見解、感想を述べているからです。
一つのニュース記事の情報量が「10」だとすると、それが「20」にまで膨れ上がる感じです。
一つのニュースでも、人によって視点や考えが異なる(ニュースに対して「これは違う」と言う人もいます)ので、
鵜呑みにすることのないインプットとなります。

そして、ニュースに対して自身の意見や感想のコメントをすることができます。
これがアウトプットです。
様々なビジネスパーソンが同じようにコメントしている中で自身の考えを述べるので、適当なことは言えません。
アウトプットするに当って「考える癖」が付くのです。

このように、NewsPicksは、インプットとアウトプットをセットで行うことができ、
しかもそのインプット、アウトプットそれぞれが高いレベルで実践できます。

これを繰り返していくと、
インプットにおいては、様々な人の意見も含めてニュースを読むことで、よりニュースの全体像が把握できるようになります。
その上でアウトプットすることにより、そのニュースの根幹を指摘する力が身に付きます。

これこそが「課題発見力」となるのです。
課題発見とは、生じている問題に対して、全体像を捉えた上でその中から根本原因を導き出す、ということです。

事業推進していく中で、常に何かしらの問題は発生しており、それをスピーディかつ適切に解決していくことが重要です。
そのような中、課題発見力が大切になってきます。
このNewsPicksを活用したアウトプットとインプットを繰り返すことで、課題発見力が身についてくるのです。

ぜひ、試してみてください。
(そして私とNewsPicksで繋がりましょう。)

関連記事一覧