課題発見型コンサルティングとは

課題発見型コンサルティングとは

はじめまして。
クロスメディア・コンサルティングの齋藤です。本日より定期的に社長ブログとして情報発信していきたいと思います。

クロスメディアグループとの出会いは5年以上前の2013年4月頃。
そこから5ヶ月後の2013年9月に「問題解決のためのデータ分析」という書籍を出版したことがきっかけです。そして今年の春、外部コンサルタントとして関わりはじめ、この度2018年10月よりグループ会社としてクロスメディア・コンサルティングを設立し、外部へのコンサルティング事業の展開はもちろん、クロスメディアグループ全体の事業拡大を目指しています。

さて、クロスメディア・コンサルティングでは、「課題発見型コンサルティング」をうたっています。拙著「問題解決のためのデータ分析」でとことん伝えているデータ分析もそうですが、データ分析が問題解決をする訳ではありません。データ分析により、起こっている問題(事象)の根本要因(課題)を導き出すことができ、その結果最適な解決施策を講じることができるのです。ですので、企業の問題を解決するためには、そもそもの課題をしっかりと把握することが重要だと考え、「課題発見型コンサルティング」をうたい、その課題発見をするためのソリューションに特化したコンサルティングを展開しています。(発見した課題に対する解決施策については、クロスメディアグループにはビジネス書籍を書いてきている各ビジネス分野のプロフェッショナルがたくさんいるので、その方をご紹介したりはできます)

ぜひぜひ、何か問題(事象)が起こった際には、そもそもの課題が何なのかを明確にすることを意識してみたら良いと思います。そうすると、自ずと解決施策も見えてきます。無料相談もうけたまわっているので、いつでもお気軽にお問合せください。
※無料相談問合せ※

さて、このブログでは、「課題発見ノート」ということで、課題発見するためのコツや事例など、少しでも課題発見とは何か?ということを伝えていけたらと思っています。仕事はもちろん、プライベートにおいてもいろーんな問題があるはずなので、ちょっとしたヒントを提供できたらなと思います。

それでは、また!
どうぞクロスメディア・コンサルティングをよろしくお願いします。

関連記事一覧