ダイエットに学ぶ課題発見

クロスメディア・コンサルティングの齋藤です。
3連休いかがお過ごしでしょうか。
私は、クライアントの
つまみ細工協会
で、タイとベトナムの方々と世界発信に向けて打合せしています。

さて、実はこの3ヶ月で10kgの減量に成功しています。
人生初のダイエットに臨み、今のところうまく続いています。

きっかけとしては、当社グループで運営している
ZERO GYM(ゼロジム)
での短期集中プログラムです。
行ったのは、週に2回の運動と、毎食インストラクターと食事を共有する、ということだけです。

ダイエットもまさしく「課題発見」が重要で、それさえできれば、問題解決(太ってしまっている、痩せない)も可能だと実感しました。

ちょっとビジネス的に今回のダイエットを整理してみます。

【問題】
体重が80kg程度まで増え、ここ2-3年全く痩せない

【目的】
体重を70kg程度まで減らしたい

なぜ痩せられないのかということが明確になれば、痩せるための手段が明確になります。
このプロセスこそが「課題発見」です。

ダイエットの場合は単純で、
(摂取カロリー - 消費カロリー)
これがプラスであれば体重は増えますし、マイナスになれば体重は減っていきます。

事業・ビジネスも同じですよね。
利益 = 売上 - コスト
なので、売上>コスト の>が大きくなればなるほど利益は増えます。
あとは現在の売上とコストがどのように成り立っているのかを分析することで利益を増加させる糸口が見えてきます。

さて、ダイエットに話を戻すと、まずは現状の「摂取カロリー」と「消費カロリー」を把握する必要があります。
そう、まさしく当社が提唱する「課題発見型コンサルティング」であるデータ分析からのスタートです。

データ分析をするためには、まずは分析するためのデータの収集が必要です。
今回、1週間に渡って、
・摂取カロリー を計るために毎食のカロリーを計算
・消費カロリー を計るために運動時間・内容と体型から基礎代謝を計算
しました。

そうすることで、
現状の摂取カロリーと消費カロリーが出てきて、
目的である10kg減少させるために
あるべき摂取カロリーと消費カロリーを定めることができます。

今回、消費カロリーとしては、「週に2回の運動」が普段の生活にプラスされます。
それを踏まえて、3ヶ月で10kg減らすための摂取カロリーが計算されます。

【問題・目的】
体重が80kg程度まで増え、ここ2-3年全く痩せない → 体重を70kg程度まで減らしたい

に対して、
【課題】
・消費カロリーを〇〇kcalとする
・摂取カロリーを〇〇kcalとする

という課題発見となりました。

あとは実行(問題解決)するだけです。
もちろんしっかりとPDCAを回すことも重要です。
今回のダイエットの場合は、毎食の食事をインストラクターと共有することで、常に摂取カロリーをチェックしてもらいました。
また、毎日体重を必ず測り「結果」を常に管理することで、体重が増えてしまった場合においてすぐに対応できるようにしました(追加で運動する、食事を野菜だけにするなど)。
その結果、3ヶ月で10kgの減量に成功し、3ヶ月に渡りPDCAを回したことにより癖がつき、今では体重を減らす必要はなくキープすれば良いので、無理することなく体重を維持できています。
癖がついたことによって、運動しないと気持ち悪いと思うようになったのも健康にとっては良いと思っています。

まさしく事業・ビジネスと同じですよね。
起こっている問題(事象)に対して、データ分析をすることで課題を発見し、その課題を実現する行動を起こし、を回して結果に繋げる(問題解決をする)。

ダイエットはとてもシンプルな計算で成り立っていますが、事業やビジネスも同様で、KGI、KPIに基づいた分析・管理をし、適切な対応をしていくことで解決に導けるのです。

関連記事一覧