KUROCO Sales DX

営業数字の見える化

サービス概要

KUROCO Sales DXは、企業の営業現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するソリューションです。営業数字の一元的な見える化(BI化)やMA・CRM導入支援・運用支援を通じて、迅速な意思決定とデータドリブンな組織体制をサポートします。

 

こんなお悩みありませんか?

  • 人材・ツール・広告など、何にどれくらい投資すべきか分からない
  • コストカットしても良い部分がどこなのかが分からない
  • 様々な活動や顧客情報を見える化して、営業効率を上げたい
  • 属人化した営業体制から脱出し、組織力を向上させたい
  • 自社のサービスの勝ちパターンを見つけ出したい
  • Webに詳しくない営業担当でも集客状況を把握したい
  • MAやSFA/CRMツールを導入したが使いこなせていない
  • MAやSFA/CRMツールの導入を検討しているがどれにするか悩んでいる

 

KUROCO Sales DX が提供すること

1.営業数値のBI化(営業管理ダッシュボードの提供)

営業活動と稼働内容に関するデータの中から必要な数字を集計・可視化して、BIダッシュボードとして提供します。受注単価、受注率の高い領域を見出したり、見込み顧客に対して商談化率の高い手段を発見したりすることが出来ます。また、最新の営業データを反映させるため、経営における迅速な意思決定にも活用出来ます。(Googleアナリティクス等の専門知識がないスタッフでも集客状況を確認出来るWeb集客ダッシュボードの提供も可能です。)

2.MA・SFA/CRM導入支援、運用支援

MA(マーケティング・オートメーション)・CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の導入や移行を支援します。事業フェーズ、担当者の人数、組織の規模などによって最適なツールは異なります。導入・移行における要件策定、ツール候補調査と選定、導入・移行、その後の運用までサポートします。

FAQ

Q.営業活動や稼働内容のデータはどうやって取得しますか?
A.社内のSFA(セールス・フォース・オートメーション)やCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)のデータを抽出して可視化します。エクセルやGoogleスプレッドシート等で管理している場合は、そのデータをもとに可視化します。

Q.BtoC企業でもサポート可能ですか?
A.ご相談可能です。お気軽にお問い合わせください。

1日2社 早朝限定!
デジタル化・オンライン化無料相談

”導入支援をお願いするほどではないが、現状について少し相談したい”という方向けに、「デジタル化・オンライン化無料相談」を実施しています。 弊社代表の齋藤が、早朝(毎週火・水・木の8:00~9:00)の時間帯で、貴社のデジタル化・オンライン化に関するお悩みについて相談を受け付けております! 「ツールを解約するか迷っているのでアドバイスが欲しい」「MAのシナリオを考えたいが何から手をつけていいかわからない」など、些細なお悩みでもお気軽にご相談ください!

お申し込みはこちら